MENU

お酒好き必見!二日酔い防止サプリ

二日酔い防止サプリ 看護師

楽しい飲み会と二日酔いは背中合わせ。せっかく楽しい夜を過ごしたくても、翌朝のことを考えるとお酒の量をセーブしがちですよね。

そんな人に試してみて欲しいのが二日酔い防止のサプリ。肝臓の働きを強める成分として、

クルクミン
オルニチン
亜鉛

などを含んでいるサプリがおすすめです。

当サイトでは、二日酔い防止にピッタリのサプリを効果と値段で厳選しました。あなたの夜のお付き合いのサポート役に選んでみてくださいね(*^^)b


効果と値段で選ぶ!おすすめ二日酔い防止サプリメント

 

二日酔い防止サプリ 素敵ウコン

素敵ウコンの特徴

本場・インド産ウコンの有用成分クルクミンを贅沢に35mg配合。さらに亜鉛やアミノ酸を豊富に含むシジミエキス、サイクルを整えるオルニチン、女性にも嬉しい酵母エキスをギュッと1粒に凝縮

定期プランなら割引の1,632円、さらに初回2粒増量。2回目以降も1日当たり約55円で続けられるからコスパ抜群。定期の回数縛りは無いので、初めての二日酔いサプリならコレ!

価格 1632円
評価 評価5
備考 クルクミン35mgとオルニチン・シジミエキス・酵母エキスたっぷり
素敵ウコンの総評

男性はもちろん女性に嬉しい成分もたっぷりの二日酔いサプリ。飲みやすいソフトカプセルでウコン特有の風味も感じません。初回価格はほかに比べると若干割高に見えますが、2回目以降も安いままなので長く続けるなら素敵ウコンがおすすめ

 

二日酔い防止サプリ

ゲンキウコンの特徴

秋ウコンの14倍・春ウコンの71倍のクルクミンを含む『クスリウコン』を原料としています。成分量が多いから実感力が違う

初回は通常3500円から72%OFFの980円。モニターコースはいつでも中止・休止可能

価格 初回980円
評価 評価4
備考 普通のウコンよりクルクミン量が抜群に多い『クスリウコン』使用
ゲンキウコンの総評

一回分(5粒)で、ウコンドリンクより圧倒的に多い70mgのクルクミン。飲んだ翌朝の元気やスッキリ感が欲しい人にピッタリ。便利で持ち運び安い個別包装タイプ

 

二日酔い 防止 サプリ レバリズム-L

レバリズム-Lの特徴

しじみのオルニチン、牡蠣の亜鉛やミネラル、サメの肝脂(スクワレン)など、生活習慣から肝臓を気遣いたい人のためのサプリ

初回モニター注文なら5,000円引きの980円。モニターコースはいつでも休止・解約が可能

価格 初回980円
評価 評価3.5
備考 数値も飲みすぎも気にしたくない!肝臓のことを第一に考えたサプリ
レバリズム-Lの総評

1日当たり3粒で肝臓の健康習慣が続けられる二日酔い防止サプリ。特にお酒が止められない40代の方にお勧め。素材から厳選した妥協のないこだわり製法で、満足度は驚異の97%

 

二日酔い 防止 サプリ オルニパワーZnプラス

オルニパワーZnプラスの特徴

オルニチン、亜鉛、アスタキサンチンなどお酒と健康にかかわる成分をトータルに摂取できるサプリメント

安心の30日間返金保証つき。定期コースは回数の縛りがなく、1回目からいつでも休止・解約できます

価格 初回980円
評価 評価3
備考 業界トップクラスのオルニチン800mg配合
オルニパワーZnプラスの総評

1日4粒で1日当たりのオルニチン摂取量をカバーできる。薬剤師として第一線で活躍していた社長による独自ブレンド。栄養バランスと続けやすさにこだわった安心設計で、30〜40代に選ばれる人気の二日酔い防止サプリ


なぜ起きる?二日酔いの原因とメカニズム

二日酔い 防止 サプリ 女子会

お酒を飲んでいる間は楽しくて、まだ飲めると思って飲み続けてしまいがちですよね。特に酔ってしまうと判断力も鈍りがち。その場のノリで限界以上に飲むこともしばしばでしょう。

そして楽しい時間を過ごした翌朝…

二日酔い 防止 女性

「もう二度とお酒飲みたくない!」


と思う瞬間、それが二日酔いになったときではないでしょうか。

二日酔いのメカニズムとして、アセトアルデヒドの蓄積が挙げられます。このアセトアルデヒドはアルコールが代謝される途中でできるもので、有害物質です。血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなると頭痛、吐き気など二日酔いを引き起こします。

肝臓でアセトアルデヒドを全て分解できれば二日酔いになりませんが、飲みすぎで分解が追いつかなくなると二日酔いの原因になります。

二日酔いの原因と代表的な症状

二日酔い 防止 サプリ 原因

二日酔いの原因は一言で言うと間違いなく『お酒の飲みすぎ』です。とはいえ同じ量を飲んでいる人がいるのに、どうして自分だけ?と思ってしまうこともありますよね。そこには肝臓の処理能力や体質など、様々な原因があります。

肝臓の処理能力オーバー

 

肝臓はアルコールを分解する一方で、アセトアルデヒドを分解して体外に排出もしています。そのため大変忙しく、処理しきれないほどのお酒を飲むとアセトアルデヒドが体内に残り、二日酔いになるのです。
すきっ腹にお酒

 

空腹時にいきなりお酒を飲むとアルコールの吸収スピードが速くなります。一気に血中アルコール濃度が高くなり、分解が追いつかないので危険です。居酒屋で『とりあえずビール』の前に軽くお腹に入れておきましょう。
お酒を飲みながらの喫煙

 

ニコチンやタールなどの分解のために肝臓が働いてしまい、アセトアルデヒドの分解に必要なビタミンCを消費してしまいます。ついついやってしまう人が多いのではないでしょうか?
水分不足

 

お酒は水分ですが、飲むほどに利尿作用が働きます。そのためお酒を飲むときは水を飲まないと、頭痛やだるさの原因になる脱水症状が起きてしまいます。お酒を飲むと喉が渇くのはこのためなのです。

二日酔い独特のこんな症状!

二日酔い 防止 症状

二日酔いの症状は人によって様々ですが、よく言われるのが

  • 頭痛
  • だるさ
  • 吐き気
  • 筋肉痛
  • むくみ

などです。

二日酔いで頭痛が起きる原因は?
お酒に含まれるアデノシンという成分で、頭部の血管を拡張しすぎて炎症を起こし頭痛を引き起こします。偏頭痛と同じようなメカニズムと言われています。アルコールの分解が追い付かないと起こりやすいです。また水分不足でも起こります。

二日酔いのだるさや吐き気の原因は?
脱水症状であることが多いです。アルコールには利尿作用があり、アルコール度数が高くなるにつれ失われる水分も多くなります。つまりお酒を飲めばのむほど身体から水分が失われていってしまうのです。

二日酔いで筋肉痛になる原因は?
低血糖症が一因とされています。お酒を飲んだ後、体内でアルコールが分解しているときは他の動きは低下します。それによって糖分の生産が少なくなります。肝臓に貯められている糖分が不足すると肉体に不調が生じ、筋肉痛を引き起こします。


二日酔いを早く治す対策!カギは『水分・糖分・肝臓』

二日酔いによって起こりやすい症状が

脱水症状

 

低血糖

 

肝臓のキャパオーバー

 


の3つです。これらの症状が体のいたるところで悪影響を及ぼしますので、二日酔いを早く治す対策としては水分と糖分の補給、肝臓のアルコール分解フォローが必要です。

水分と糖分補給に効果的な『スポーツドリンク』

二日酔い 防止 スポーツドリンク

アルコールは分解される際に利尿作用を働かせ、その結果体内からの水分が多く排出します。すると脱水症状となり、またアルコールを分解するために肝臓で糖分が消費されるため、低血糖といった状態になります。

このため二日酔いを早く治すには身体から不足した水分と糖分を補給させる必要があります。それに適したものがスポーツドリンクになります。スポーツドリンクは水分・糖分がバランスよく含まれ、体内への浸透性も良いため吐き気やだるさの解消に役立ちます。

オルニチンが肝臓のアルコール分解をフォロー

二日酔い 防止 オルニチン

個人差がありますが、肝臓がアルコールを分解できる量は限界があります。しかしオルニチンやクルクミンには肝臓がアルコールの分解をするのをサポートしてくれる働きがあり、二日酔いを早く治す成分として効果的です。

オルニチンは肝臓の解毒作用をサポートしてくれるので、二日酔いの原因であるアルコールの解毒のスピードが上がり、症状を予防、解消しやすくなります。また、肝機能が向上するとエネルギー生産が効率よく行われるようになります。

オルニチンの効率よい摂取方法!食品よりサプリから

オルニチン成分はしじみに多く含まれていることが知られます。昔から経験則から二日酔いを早く治すにはしじみが良いと言われてきましたが、それらはオルニチンの働きが大きく関わっているものでした。

しかし成人のオルニチン摂取量の目安は1日400〜1000mgとされています。

二日酔い 防止サプリ しじみ

これをしじみに換算すると約2000〜3000個のしじみを毎日食べ続けなければいけません。現実的な数ではありませんよね。

一方でオルニチン成分を凝縮したサプリメントも販売されるようになっています。サプリなら効率よくオルニチンを摂取できますし、しじみが苦手な人でも手軽にオルニチンを摂れます。何より必要な量をしっかり摂れるのが魅力です。

▼おすすめのサプリはどれ?▼

二日酔い防止サプリへ



二日酔い防止サプリの効果的な飲み方

二日酔い防止サプリ 効果的な飲み方

二日酔いを防止するためのサプリには多くの場合オルニチンが含まれています。医薬品ではなく食品由来の成分で、しじみを原料としたものが多いです。

そのため容量以外は特に決まりはありませんが、オルニチンの効果を引き出すための効果的な飲み方は存在します。せっかく飲むサプリメントですから最大限に肝臓に役立てましょう(*^^)b

二日酔い防止サプリはどうやって飲む?

二日酔い防止のオルニチンサプリは、基本的に水かぬるま湯で飲みます。コーヒーやお茶で飲むと、せっかくのオルニチンの成分をうまく吸収できなくなる恐れがあるためおすすめはできません。

毎日飲む?お酒を飲むときだけ飲む?

二日酔い防止のオルニチンサプリは、基本的に毎日飲んで続けましょう。肝臓の働きを日常的に良好にしておくことで、いざお酒を飲んだ時にスムーズにアルコールが退社できるようになります。もちろんお酒を飲む前に飲むのも効果的ですが、二日酔い体質脱出を目指すなら継続がコツです。

翌朝の目覚めを良くしたいときは

二日酔いは翌朝の目覚めにも影響してきます。目覚めを良くしたいときは、夕食後にオルニチンサプリを摂取しましょう。寝ている間の肝臓の働きを助けてくれるので、お酒が残りにくくなるのをサポートしてくれます。

二日酔いを早く治すには

オルニチンサプリは二日酔い防止には効果的ですが、医薬品ではないので飲めば二日酔いを治してくれるというものとは微妙に違います。普段から継続的にオルニチンを摂取して、二日酔いが起こりにくい体づくりを目指しましょう。


あなたは二日酔い体質!?二日酔いになりやすいのはこんな人

二日酔い 体質 なりやすい

お酒を楽しく飲んで愉快に過ごしたその次の日に待っているのが二日酔い。一度でもなったことのある人なら分かりますが、頭痛や吐き気に苦しまさせられるその症状はまさに地獄ですね。

しかし同じ量だけお酒を飲んでもケロリとしている人がたまにいます。実は二日酔いになりやすいかどうかは体質も大きく影響します。それを決定づけるのは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)という分解酵素の量です。

アルコールは体内に取り入れられると、アセトアルデヒドという物質に変化します。

二日酔い 防止 アセトアルデヒド

この有害物質が身体の中で悪さを起こし頭痛や吐き気などの苦しい症状を作り出します。

有害物質アセトアルデヒドを無害なものに変えるには、ALDHが必要となりますが、このALDHの保有量は生まれつき決まっているのです。ですから、ALDHが生まれつき少ない人は、お酒も弱く、二日酔いになりやすい人と言うことになります。

体調や生活習慣で二日酔いになりやすい場合も

二日酔い なりやすい 習慣

生まれつきの体質の他にも、二日酔いになりやすいケースがあります。もともとアセトアルデヒドを分解する酵素が多い人でも、その機能が充分に果たせない場合は当然二日酔いになります。
寝不足で肝臓機能が弱っている

 

肝臓はアルコールを分解する他にも多数の役割を体内で果たしています。その為、睡眠不足などで肝機能が充分に働かなくなっている時は、ALDHの量に関係なく、アセトアルデヒドの悪影響を抑えることが難しくなります。
お酒に強く量をたくさん飲む

 

元々お酒に強い体質だからといって、過剰にお酒を摂取してしまった場合は、ALDH酵素の分解力の許容量を超えるので、これも二日酔いを引き起こす要因になります。
連日飲んで肝臓を酷使

 

連日の飲み会などで肝臓を酷使している時も同様です。肝臓の機能が回復しきらないうちにアルコールが投入されれば肝臓は疲れ切ってしまいます。

人間の臓器の中でもっとも酷使されている肝臓と上手く付き合いながら、お酒を楽しむ必要がありそうですね。

二日酔いになりやすいお酒

二日酔い なりやすい お酒

最後にお酒の種類によっても、二日酔いなりやすいものとなりにくいものがあります。一般的にお酒は、蒸留酒と醸造酒に大きく分けられます。

蒸留酒

 

焼酎やウイスキー、ジン、やウォッカなどの比較的アルコール度数の高いお酒となります。

醸造酒

 

ビールやワイン、日本酒などです。

お酒の種類にもよりますが、蒸留酒はアルコール度数が高いものが多く酔いやすいお酒が揃っています。普通に考えるとアルコール度数の高い蒸留酒の方が悪酔いしそうですが…実は答えは逆。醸造酒の方が二日酔いしやすいと言われています。

理由としては、穀物や果実を発酵させることでつくる醸造酒の中にはアセトン、フーゼル油、タンニンなどの不純物が混じってしまいます。この不純物が頭痛や吐き気などの症状をより悪化させる働きをするため、不純物の少ない蒸留酒に比べ、二日酔いを引き起こしやすいと言うわけです。

二日酔いの予防方法と対策方法

二日酔い 予防 対策

二日酔い対策はお酒を飲む前の予防が大事です。二日酔い予防の準備を行うことで飲酒中も気分が良いまま、悪酔いなくお酒を楽しむことができます。

空腹でお酒を飲み始めない

 

空腹のままアルコールを吸収してしまうと血中アルコール濃度が高くなったり、ピークを早めることになり、低血糖症を早めることにもなります。

予防用のドリンクを飲む

 

コンビニなどで売られているものはアルコールを分解するタイプとアセトアルデヒドの分解を促すタイプがあります。飲酒前に飲む場合には、アルコールに相当弱い人や飲酒で肝臓が弱っている人以外は、アセトアルデヒドの分解を促すドリンクのほうが向いています。

二日酔いを予防できる食べ物・飲み物

二日酔い 予防 食べ物

二日酔い予防のためには、脂肪が最も効果が高いとされています。脂肪は胃の中でほとんどが消化や吸収されず十二指腸ではじめて消化されるため、他の食品と比べても吸収までに長い時間がかかります。

そのため胃でのアルコールの吸収を大幅に防ぐ効果や、腸での吸収速度をゆっくりにすることができるため、急激な酔いを防ぐことができます。

食事をとることができずに飲酒する場合でも、乾杯の前にドレッシングをたっぷりかけてサラダやナッツ類、スプーン1杯のゴマを食べるだけでも効果が期待できます。サラダは、ノンオイルドレッシング以外であれば、十分な脂肪分が含まれています。

直前にサラダやお通しをしっかり食べるだけでも二日酔い防止に効果的ですよ。

普段からオルニチンを摂取しておこう

二日酔い 予防 オルニチン

日ごろから二日酔い対策としてオルニチンの摂取は効果が期待できます。普段からオルニチンを摂取しておくことで、アルコールを摂取しても肝臓の機能を正常に戻す効果が期待できます。

オルニチンには、アンモニア除去の働きがあります。アンモニアはアルコールにより増えますが、アンモニアが脳や骨格筋に溜まってしまうと疲労感を誘導することになります。また、アンモニアは毒性であるため、血中のアンモニア濃度が高い場合は、肝臓を傷つけることになります。

オルニチンを普段から摂取しておくことで、

・アンモニアの除去速度を速めることができる

 

・二日酔い時の疲労を感じにくくなる

 

・肝臓の保護につながる

 


などメリットは多いです。飲酒後にオルニチンを飲む場合には、睡眠前に飲むことで二日酔いの症状改善効果が期待できます。

▼おすすめオルニチンサプリはどれ?▼

二日酔い防止サプリへ


二日酔い防止!おすすめ記事一覧

二日酔い防止サプリ 記事


二日酔いの頭痛!ガンガン苦しい頭痛の正体|二日酔い防止サプリ

二日酔い ガンガン 頭痛

お酒を飲みすぎた翌日に襲う気が狂いそうな頭痛!実は血中のアルコールによって血管が拡張しているのが原因です。対処法は?

>>二日酔いの頭痛に関する記事を読む

【二日酔いでむくみ】顔も足もパンパンに!?|二日酔い防止サプリ

二日酔い むくみ

お酒を呑んだ翌日は憂鬱…だって顔がパンパンになるから(T_T)二日酔いでむくみが起きる原因はいったい何?

>>二日酔いのむくみに関する記事を読む


二日酔いでムカムカ!胸やけ・胃もたれ防止法|二日酔い防止サプリ

二日酔い ムカムカ 気持ち悪い

深酒して寝て起きると、胃の辺りが気持ち悪い…『むかつき』ってこんなに苦しいものだったなんて(T_T)胃の不快感や吐き気を抑えるには?

>>二日酔いのムカムカに関する記事を読む


二日酔いにオルニチンやウコンが良い理由は?|二日酔い防止サプリ

二日酔い オルニチン ウコン

お酒を飲んだらオルニチンを摂りなさい、よく聞きますよね。ほんとに効くの?そもそもどんな働きなの?オルニチンが二日酔いに良いとされる理由を解説。

>>二日酔いとオルニチンに関する記事を読む


オルニチンを含む食べ物!食事で肝機能UP|二日酔い防止サプリ

オルニチン 食べ物 しじみ汁

『お酒を飲んだらシジミを食べなさい』って聞いたことありませんか?魚介類やキノコ類にはオルニチンが豊富に含まれているんですよ(*^^)b

>>オルニチンを含む食べ物に関する記事を読む